小さな幸せ見つけよう♪


by 優花

ランチの過ごし方

土日は旦那と殆ど毎週と言って言いほど
ランチタイムを外食している。
あら~、いいわね~って言うほどの
ものを食べているわけでないので
ブログネタにもしてこなかった。
ラーメン
うどん
くるくる寿司
フェミレスの
ヘビーローテションである。
ラーメンは倉敷全店制覇したんじゃないか
ぐらいの勢いで毎週、毎週
ラーメン店を検索して食べまわった。
ランチ楽しむと言うより
ただ腹を満たしてくれればいい。
美味いか?まずいか?
それだけである。
案外、まずい店発見の時は
旦那と2人盛り上がる。(笑)
そんなランチタイムで
私が密かに楽しんでいるのが
他人の話の盗み聞き。
カップル、家族、職場仲間、友達・・・。
その組み合わせは無限大で
様々な人達が本当に色んな話を
惜しげもなく聞かせてくれる。
かなりの悪趣味だと言われそうだが
旦那とあんまり話をしないので
自然と耳に入ってしまうから仕方ない。
今日の後の席に座った男女2人連れの
話の展開はやばかった。
背中越しにしか聞こえてこない会話で
2人の顔は見えないが
カップルでもなく
知り合いな感じで
付き合い始めたばかりの
初々しさが漂っていた。
和やかにはずむ会話の途中から
彼女が自分の仕事の話を始めた。
最初は、上司の話から入り
上司とはどんな人か?
そんな疑問、興味を彼は持っただろう。
続く話は
「もし、入ってくれたとして
担当は私になるけど
もれなく上司は付いてきま~す」
「もれなく?あははは」
「そう、もれなく、あははは」
「頑張っても上司の手柄なんよ」
と、何気に悲しさも漂わせる彼女。
なんだ、保険の勧誘じゃん。
やっぱ、顔は見させて頂こう。
意を決して、トイレに立つついでに
まず、彼女をちらりと見たら
濃い過ぎるアイメークでにらまれた。
こわー怖すぎる。
帰り、彼を見ると
ニコニコ彼女の話を聞いていた。
色白ぽっちゃりで
見るからに人の良さそうな人だった。
そりゃ、その後
見事にカップル成立して
人の縁は摩訶不思議なものだから
幸せになりました。
めでたし、めでたし。
そうなるかもしれない。
だけど、おばちゃんは思ったよ。
プライベートで仕事の話
特に勧誘はないよな~って。
生命保険の見直しとか言われている時代に
真面目に話を聞いて
なんちゃら生命に加入しようとしている彼の
未来に幸多かれと思ったのでありました。
a0232049_1942636.jpg

[PR]
by tubakun01119 | 2015-09-05 19:04