小さな幸せ見つけよう♪


by 優花

とりあえず飲もう

新会社に就職して1年。
この会社、年に1度の
旅行、忘年、親睦会が
主なスーパー行事。
去年、入社して間もなく
淡路、姫路城旅行に参加した私。
「行かないといけない」
それは、ただただ、断れない性格が故の参加。
道中のバス内で酒を勧められましたが
「いえ、車で来ているので~」と
全くの素面で過ごしました。
見る景色も美味しい料理も
根が真面目なもんで
とにかく、この旅行を無事に終えることだけを
願いつつ、時間の流れに身を任せ全然楽しくない。
姫路城なんか改修工事中で
ブルーシートに覆われ
なんで、こんな姫路城を旅行プランに
組み込むだと、一人毒づいていました。
ほどなく忘年会。
今度は飲んでやると決め込み
代行手配でおとなしく飲み食い。
飲むは飲んだか、相変わらずの遠慮と小心心で
飲んだどーの域には達せず不完全飲み。
続いて、親睦会。
ここでは、飲み断念。
2時間ぐらいだし、
代行手配してまで飲むこともないなと
適当に食べて
さっさとお家に帰ろう作戦に切り替えた私。
「わ~、飲まないんだったら
駅まで送って~」
同じ部署のおばちゃんからの言葉に
この酒飲みおばちゃんの神経とはなんぞや?
だって私って、まだ入社して1年も経ってないんですよ。
それほど、親しくもない私にそんなお願いをするとは?
でも、小心者の私は断れない。
ええ、ええ。送ってあげましたよ。家まで。
あたしゃ、タクシーですか?
そんな、こんなで2年目の今年は
掲示板に季節外れの忘年会の文字?
「旅行&忘年会ツアー」
やりましたね。会社。
一粒で2度美味しいってやつですか?
それとも、1度で済ませて経費節減?
絶対に不参加だ。
早々に出欠表に×を書き込みました。
しかし、この先
まさかのトラップが仕掛けられようとは
この時の私は思いしません。
締切日。
班長さんから
「なんで、忘年会参加出来んの?」
「あ、まだ、12月は先だし、そんな、この会社に
入って日も経ってないから、今回は遠慮させて頂こうかと」
「今回、不参加が多いんよな~。
絶対に参加出来んの?
参加できるじゃろ?」
すごい、ごり押しし。
結局、小心者の私は
「あ、それなら、参加させて頂きます」
ああああああああああああああ。
言ってしまったよーーーーーー。
そうだ、今回は絶対に飲もう。
こうなりゃ、バスの中で
「すいません、トイレに行きたいんです
停めて下さい」
そんな赤っ恥かこうとも
朝から飲んでやる。
早速、前回、自宅まで送って差し上げた人にも
「今回は忘年会だから、一緒に飲みましょうね~」と
地味に「送れないよ」宣言しておきました。
泣かぬなら
いえ、楽しくないなら
楽しく飲もうほととぎす。
By、優花。
はてさて、あたしが
来年、会社で土下座して謝り
新たな武勇伝が生まれるかいなかは?
神のみぞ知る。
a0232049_20143386.jpg

[PR]
by tubakun01119 | 2015-09-12 20:16 | 日常