小さな幸せ見つけよう♪


by 優花

切り替えろ

昨日の
引越しで
不動産屋の対応に
私にとって近頃ではウルトラマックス
不快な出来事がありました
事情を書くと
長くなるので
そこは省略しますが
突き詰めて考えるに
人としての価値観の
違いのある人に
それでは誠意が
感じられないと
言ったところで
堂々めぐりの押し問答で
不快な気持ちは
薄れるどころか
増すばかり
わからない人と話すのは
言葉の違う外国人と会話して
いるのと同じとわかりました。
なら、
どうする?
相手は
言葉も通じなければ
風習や価値観の
全く違う外国人です。
私の国ではそんなことで
謝りませんよ。
そう言われたら
諦めるしかないのです。
何しろ、言葉も通じないのですから。
同じ価値観の人に
思いをぶつけわかって
貰えただけでも
良かったことにしましょう。
引越しから
帰ると
母の日と言うことで
長男夫婦から
素敵なフラワーアレジメントを
頂きました。
これだけで
どんなに救われことか
a0232049_21073722.jpg

娘からは
ラインが届きました(*^_^*)
次男は
不動産屋への電話を
代わってくれ
私の気持ちを代弁してくれたり
もう、それだけで充分です
不動産屋さんとは
何年か先に
引越しでもあれば
もう一度は
会うかもしれませんが
ホント、それだけの人。
私が
大事と思える人を
大事にして
これからも生きていけば
いいだけのことです。
平凡な毎日にも
時として
予想もしなかった
嵐が突然起こることもあります。
その時は
大事な人を思いやり
支えあって
嵐を乗り切るしか
ありません。
嵐はいつか去ります。
何かは失ったかもしれないけど
改めて知ることもあるのです。



[PR]
by tubakun01119 | 2016-05-08 20:34